はじめに クラスの作成 アクティビティ Google Classroom Microsoft Teams Canvas LMS

Google Classroomと連携して利用する

Flat with Google Classroom 学校でGoogle Workspace for Education (旧称: G Suite)をご利用ですか?
Flat for EducationならGoogle Classroomと連携することで、**Flatで作成したアクティビティや課題、楽譜をスムーズにGoogle Classroom上で生徒と共有でき、課題作成から成績やクラス名簿の管理、様々な場面で効率化アップをサポートします。
Google Classroomの他にも、Googleアプリをスムーズに利用できます。

Google ClassroomとFlat for Educationを連携すると、どんな機能が利用できるのか確認しましょう! 動画でも連携機能についてご紹介しています。


1分で出来る!Google ClassroomとFlat for Educationの連携

Google Classroomとの連携は、Flatと連携したいクラスを選ぶだけです。
クラスを連携すると、連携したクラスの生徒のアカウントが自動で作成されます。
その後転出や転入でクラス名簿に変更があっても、Google Classroomでの変更がFlatへも自動で更新されます。
Classroomとの連携後は、他の教員や生徒はGoogle Workspace for Educationアカウントを利用して、1クリックでログインすることができます。


グーグルドキュメントやグーグルスライドと同じ体験を楽譜で!

グーグルドキュメントやグーグルスライドと同様の機能を利用してFlatで課題を作成することが出来ます。
生徒が楽譜を一から作成できるのはもちろん、教員が作成した楽譜をテンプレートとして生徒に配布したり、1つの楽譜を複数人のグループで同時に編集したりすることも出来ます。

Flatで課題を作成


Google ClassroomのストリームからFlatへ直接アクセス

Flatで作成した課題は自動でGoogle Classroomのストリームに投稿されます。生徒がストリームに投稿された課題をクリックすると、自動でFlatの課題取り組み画面が開き課題を開始する事ができます。
Flatは他のアプリ・ソフトウェアなどに比べて、ユーザーから見た使いやすさを重視しています。今まで楽譜作成ソフトを使った事がなくても、簡単に音符を入力して創作を開始できます。

Google Classroomストリームから課題にアクセス


課題やアクティビティへの評価機能

生徒が課題への取り組みを始めると、先生は進行状況をリアルタイムでチェックし課題へコメントをすることが可能です。課題が提出されるまで待つ必要がなく、随時アドバイスや必要な支援を行うことができます。

課題へのライブフィードバック


Flatでの課題提出

生徒は課題への取り組みが終わったら、Flat上で直接提出することができます。
Flat上で提出された課題は自動でGoogle Classroomへも提出されます。

Flatから提出


Google Classroomでの課題提出

生徒が課題を提出すると、Google ClassroomとFlatのどちらからでも提出物を評価出来ます。提出に関する情報はどちらのプラットフォームでも閲覧できます。

Google Classroomでの音楽クラスの課題提出

Google Classroomで各生徒の課題ファイルをクリックすると、自動でFlatの課題評価・コメントページに移動します。
未提出の状態でも、直接課題を見ながら生徒一人一人の取り組み状況を確認できます。課題評価ページでは、インラインコメントを利用してリアルタイムでコメントをしたり、提出済みの課題に評価をつけたりすることが出来ます。

Flat評価・コメントページ


ご不明な点はありませんか?

Flat for Educationのご利用について質問やさらに詳しく知りたい点などございましたら、お気軽にFlatのサポートチームへお問い合わせください

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →