はじめに クラスの作成 アクティビティ Google Classroom Microsoft Teams Canvas LMS

FlatでGoogle Classroomの課題を作成する

Flatでの課題作成は、Google Classroomでのドキュメントやスライドを利用した課題作成に似ています。
異なる点は、Flatを利用すると楽譜やその自動演奏、ワークシートや共同編集など音楽学習に最適な課題・アクティビティを作成することができるという点です。

Flatで課題が作成されると、Google Classroomのストリームに自動で投稿されます
課題作成後の編集・生徒からの課題提出についても双方向に自動で反映されます。
Google ClassroomとFlatが連携されることで、生徒にとっても課題に取り組みやすくなります。Google Classroomのストリームに投稿された課題をクリックすると、Flatの取り組みページが自動で開き課題を開始できます。

Google Classroomに表示されるFlatの課題



課題の作成

Flatで課題の作成を開始します。
まずはクラスページから、「課題」ページを開きましょう。

課題ページ

新規の課題」ボタンをクリックします。

新規の課題



課題の種類

Googleドキュメントのように、Flatでも課題の詳細を設定することができます。

  • 新規のスコア…生徒には音符が何も入力されていない、白紙状態の楽譜が配布されます。
    自由な作曲プロジェクトなどにおすすめです。


  • テンプレート…先生が選択した楽譜がテンプレートとなり、そのテンプレートが生徒に配布されます。


  • 共同編集…複数人で同時に1つの楽譜を編集する事ができます。
    生徒の協働作業を必要とする課題に最適で、スムーズにグループワークを行うことができます。 2、3人の少人数グループで作業したい場合は、代表の生徒が新規スコアを作成しスコア画面右上の「シェアする」ボタンから他の生徒を共同編集者として参加招待することもできます。

Flatで課題を作成する



課題の説明

Google ClassroomやFlatのストリームでは、課題の名前と説明が表示されます。この説明欄にはウェブサイトや動画のリンクを貼ることもできます。課題名や説明欄は後から編集することができます。



オプション

オプション欄では「評価」、「提出期限」、「公表日」などを設定することができます。
「公表日」では生徒に課題が表示される日時を設定でき、Google Classroom上でも「授業」ページで投稿予定日時とともに確認することができます。
設定した日時までは生徒が課題を見ることはできないので、前もって課題・アクティビティを準備しておきたい場合や、空き時間に少しづつ準備したい場合にもお使いいただけます。



課題を投稿する

課題が作成できたら投稿しましょう。生徒からどのように見えるかはこちらのページで確認してみましょう。

⚠️ Google Classroomの制限により、Flat for Educationは課題が一度投稿されると添付されたスコアを変更することができません。投稿前に選択したスコアが間違いないか、選択した課題の種類に間違いがないか確認してください。後から間違いに気づいた場合は、課題を作成し直してください。
Google ClassroomでFlatを利用すると生徒にはどのように見えるのかも一度確認してみましょう。



課題を他のクラスでも利用する(課題の再利用)

あるクラスで作成した課題・アクティビティを他のクラスにも出したい場合、Flatでは再利用機能を使って簡単にコピーすることが可能です。
課題ページから再利用をクリックして、他のクラスにも同じ課題を作成しましょう。

⚠️ Google Classroomの制限により、Flat for EducationはGoogle Classroom上でコピーされた課題にアクセスすることができません。 課題を他のクラスで再利用する操作は、必ずFlat上で行ってください。



課題の評価

課題が生徒に公表されると、生徒の取り組み状況を確認することができるようになります。詳しくはこちらのページで評価やコメント方法を確認してください。

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →