はじめに クラスの作成 アクティビティ Google Classroom Microsoft Teams Canvas LMS

「きらきら星」を変奏してみよう

藤井先生(神奈川県・横浜国際高校)の「きらきら星」を変奏してみようをシェアさせていただきます!

対象学年 難易度 時間 課題のタイプ
高校1年 ★〜★★(生徒の能力に応じて) 30分程度 テンプレート

ねらい

きらきら星のヴァリエーション(変奏曲)を作成することで、音価の変化によって音楽の印象がどのように変化するのか体感する。

生徒への説明

事前の指導:音価と和音の説明をしておく。


おすすめポイント

上段にはテンプレートロックされた元の音楽を残し、下段に自由にアレンジしたものを入力させることで、元の音楽を見失うことなく進めることができる。
小節内の音価は自動で調整されるので、つじつまの合わない音価になることがない。


注意ポイント

自由にやらせてみる。見本は見せない。
余力のある生徒には楽器を変化させてみたり、複旋律に挑戦することをすすめる。
ツールセット機能を利用し、初心者には必要最低限のツールセットのみ(今回は音符の種類、連符のみ)を、発展させたい生徒には楽器の変更等もできるようなツールセットを準備すると良い。自分の興味や能力に応じて発展的に課題を進められる。


実際に行った時の生徒の反応など

簡単に自分の作品が作れること、作ったその場で再生ができ、何度もやり直しができることに感動し、没頭して取り組んでいた。
また提出後に作品をシェアしあい、Google ClassroomのFormを用いて感想をまとめそれをシェアしあい、教師が指導しなくても生徒同士で高めあうことができる。


藤井先生のコメント

生徒の興味や能力がそれぞれ異なるので、それに応じて同じ課題であっても深めることができるので、とても便利だと感じる。
教師は音価と和音の説明をサラッとして、あとは生徒に任せるだけで課題をこなすことができる。教師の手間が少なく、生徒の学びが多いと感じた。


このアクティビティを実践してみましょう!

①課題作成ページで「テンプレート」を選択。
②上段のみ入力した楽譜を選択し、カバー画像や説明を設定。
③必要に応じてツールセットをカスタマイズし、テンプレートロックをかける。
④「公開」ボタンを押して生徒に配布。

きらきら星の変奏課題作成


今回は藤井先生に高校1年生向けのアイディアをシェアして頂きました。ありがとうございました!

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →