はじめに クラス 課題 Google Classroom Microsoft Teams Canvas LMS

自動採点ワークシート課題


ワークシート課題とは?

ワークシート課題

ワークシート課題は、Flat for Educationで作成できる課題の1つです。
出題する問題のテーマを選択するだけで自動で問題を作成し、生徒の解答後には自動採点を行うことが可能です。
問題数や配点など、ワークシートを利用する目的に応じてカスタマイズしてください。前回の授業の復習や、家庭学習や反復学習に活用してみましょう。


作成方法

ワークシートを作成する前に、クラスが作成されているか確認してください。まだクラスを作成していない場合はこちらからクラス作成を行ってください。

  1. 課題を出したいクラスのページを開きます。
  2. 課題」タブを選択します。
  3. 画面右の「+新規の課題」ボタンをクリックして、「ワークシート」をクリック。
  4. タイトルや説明を入力しましょう。

ワークシートの作成方法


オプションの設定(公開日・提出期限・シャッフル)

他の課題と同様に、ワークシート課題にも公開日提出期限などのオプションを設定することができます。
対象の生徒も指定することができるので、習熟度別のワークシートを作成して生徒がそれぞれのレベルのワークシートに取り組むことも可能です。
ワークシート課題で設定できるオプションを確認しましょう。

オプション設定

  • 公開日時…課題を生徒に公開する日時を設定。

  • 提出期限…課題の提出期限を設定。

  • 対象の生徒…どの生徒に課題を出すか設定。

  • Google Classroomトピック…課題をGoogle Classroomのクラス内のトピック用に作成。

  • Microsoft Teamsカテゴリ…課題をTeamsのクラス内のカテゴリ用に作成。

  • シャッフル…出題順がシャッフルされ、生徒一人一人に異なる順番で問題が表示されます。


問題のテーマを選ぶ

問題テーマ

以下のテーマから出題するテーマを選択しましょう。
1つのワークシートに、複数のテーマの問題を選択することも可能です。

音名

音名の理解…表示される音符の音名を答える問題です。

音名の表現…表示される音名に合わせて、正しい位置に音符を入力する問題です。

鍵盤の位置と音名…表示される音に合う鍵盤の位置を選択する問題です。

調号

調号の理解…表示される調号の主音を答える問題です。

調号の表現…表示される調やモードに合わせて、調号を入力する問題です。

音程

音程の理解…表示される2音間の音程を答える問題です。

音程の表現…表示される音程に合わせて、音符を入力する問題です。

和音

和音の理解…表示される和音の種類を答える問題です。

和音の表現…表示される和音の種類に適した臨時記号を入力する問題です。

音階

音階の理解…表示される音階の種類を答える問題です。

音階の表現…表示される音階に合わせて、正しい位置に調号を入力する問題です。

リズム

拍の理解…表示される拍子記号と音符・休符から拍の長さを答える問題です。

拍の数え方…表示されるリズムにカウントを入力する問題です。

音符や休符の種類

音符・休符の名前…表示される音符や休符の名前を答える問題です。

音符・休符のシンボル…表示される音符や休符の名前に当てはまるシンボルを選択する問題です。


問題のカスタマイズ

問題テーマを選択したら、何問出題するか設定しましょう。
得点をつける場合は、配点も設定します。

問題数と配点


自動採点

ワークシートは自動で採点されますが、生徒に点数を表示するタイミングを選択することができます。
生徒の提出後すぐ」を選択した場合は、提出後すぐに自動で生徒に表示されます。
Google ClassroomやMicrosoftTeamsと連携されている場合、ワークシートの得点が自動で採点簿に送られます。

ワークシート課題でも、他の課題同様にコメントをつけることができます。

採点


生徒画面

ワークシートは、生徒にはこのように表示されます。

ワークシート生徒画面


自動採点後には生徒からも自分の解答と正解を確認することができます。
採点や答え合わせを待つ必要が無く、ワークシートに取り組んだあとは生徒のペースで自主的な復習を行うことができます。

答え合わせ


動画で確認

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →