音符の入力

スコアを作成符号と調号の設定を終えたら、次はいよいよ音符の入力です。

小節には常に音符か休符が表示されます

Flatのエディタでは、設定された拍子記号に合わせて、小節内は常に音符か休符で埋まっている状態です
そのため、音符を1つ加えると同じ長さの休符が小節から消え、音符を1つ消すと同じ長さの休符が加えられます。
音符ツールバーにある音符選択ボタンは休符の長さ設定にも使用でき、休符の長さを変更することができます。

音の長さ

音符の入力方法

音符は以下の方法で入力できます。

  1. マウス・タッチパッド
  2. パソコンのキーボード
  3. バーチャルピアノ
  4. タッチスクリーン
  5. MIDIデバイス

それぞれの入力方法を確認していきましょう。
*タブ譜を使用する場合は、タブ譜のページをチェックしてください。

1. マウス・タッチパッド

マウスでの入力はカーソルを五線上の入力したい箇所にあわせ、希望の音の高さの場所を選んでクリックします。

マウスで音符を入力する


2. パソコンのキーボード

パソコン利用時に音符を素早く入力するにはキーボードショートカットがおすすめです。
AからGのキーでドレミファソラシドを入力し、数字キーで音の長さを設定できます。
基本のキーボードショートカットはこちらで確認できます。

音符のショートカット入力


3. バーチャルピアノ

画面上にバーチャルピアノを表示して、鍵盤をクリックすることで音符を入力する方法です。
エディタ画面右上の鍵盤のアイコンをクリックすると、バーチャルピアノが表示されます。
音符をクリックして選択すると、その音が鍵盤上に青く表示されます。

バーチャルピアノで音符入力


4. タッチスクリーン

タッチ操作できるデバイスをご利用の場合は、画面下に表示されるバーチャルピアノで音符を入力します。音符入力箇所はタッチして移動、ズームや選択は通常のタッチスクリーン操作と同様です。

タッチスクリーンでFlatを利用する

iPhoneやiPadをお持ちの場合、FlatのエディタをネイティブiOSアプリでご利用頂けます。

App Storeでアプリをダウンロード.


5. MIDIデバイス

パソコンとMIDIデバイスを接続すると、素早く音符入力ができライブレコーディング機能(β版)を利用できます。
MIDIキーボードを接続して、キーボードで演奏しながら同時にスコアを作成してみましょう。
編集ページ左上に再生ボタンがあります。この右隣に位置するMIDIアイコンをクリックして、デバイスの選択と設定を行ってください。

再生/MIDI

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →