コードグリッド

コードグリッド(コードダイアグラムやコードフレームとも言います)は、どの弦とフレットを使用してコードを演奏するかを示す方法の一つです。

Flatでコードグリッドを使用する

コードグリッドを使用するには、楽器タブの設定画面に行き、There you can open the タブ譜とコードグリッド、チューニングの設定を変更します。

コードグリッドを有効化

コードグリッドを使用 チェックボックスを有効にします。 このようにする事で、パート内の全てのコードでグリッドが生成されます。テキストツールバー内のコードツールを使用してあなたのドキュメントにコードを追加する事ができます。

コードグリッド

新しいコードが追加される度にグリッドも生成されます。グリッドをクリックして編集する事ができます:

コードグリッド編集

ここで、上に表示される入力枠にフレットナンバーを入力するか、フレットボード上のフレットをクリックして変更する事ができます。 完了したら、グリッドを更新 ボタンをクリックします。

コードグリッド編集手順

チューニングとカポ

スコアが作成された後、楽器設定画面上でタブ譜のチューニングとカポを設定する事ができます。 チューニングとカポの設定を変更すると、その後のコード追加や更新に影響を及ぼします。この機能では、3から14弦のグリッドをお好みのチューニングに変更できます。 チューニングの詳細についてはヘルプページをご覧ください

チューニング

Contact us
Can’t find your answer? Get in touch with our team — we're here to help. Contact us →