範囲選択

Flatでは様々な編集機能をご用意しています。複数の音符や小節に設定を適用する場合は、範囲選択をすると一度の操作でまとめて変更することが出来ます。

マウスで範囲選択する場合

Flatでも、多くのテキストエディタと同じ方法で範囲を選択することが出来ます。
選択を開始するにはマウスで左クリック、そのまま選択したい範囲の終わりまでドラッグします。選択範囲の両端に表示される丸をドラッグすると、選択範囲を変更することも可能です。
範囲選択はコピー・ペーストでも利用できます。

マウスで範囲選択


パソコンのキーボードで範囲選択する場合

キーボードを利用して範囲選択する場合も、多くのテキストエディタと同じ方法で範囲選択ができます。 シフトキーを押すと選択が開始され、シフトキーを押したまま矢印キーで移動することで範囲が選択されます。

範囲を左に広げる
範囲を右に広げる
範囲を上の譜表またはパートに広げる
範囲を下の譜表またはパートに広げる

キーボードで範囲選択

Contact us
お探しの質問が見つかりませんか? Flatチームに直接問い合わせてみましょう!
問い合わせる →